キャッシングの手数料

倉敷市のはたらき方カフェのフェイスブックが

倉敷市で、はたらきかたカフェのフェイスブックができています。

 

最近、共働きの希望の夫婦が増えていますが、一方で保育園になかなかはいれなかったり

 

介護をしていたり、幼稚園のお迎えがあったりと外で働けない人は多いですね。

 

政府も、積極的にテレワークを推進しています。(参考:お金借りる至急

 

 

倉敷市のはたらき方カフェでは、在宅で働きたい人のためのセミナーやイベントが開催されています。

 

うちは、夫がもうすぐ定年で年金生活になります。

 

現在、再雇用になっているのでお給料はかなり減っています。

 

家があって子供たちも独立していますが、健康面でいつまで働けるか不安ですね。

 

そんなときに、はたらきかたカフェが推進しているような、家で働くことができたら助かります。

 

大きな金額を得ることはできなくても、ひとり5万の収入をふたり合わせると10万になります。

 

パートに出てもいいのですが、外に出ることによって必要経費がかかって5万くらいなら

 

半分くらいしか、貯金ができない方も多いのではないでしょうか。

 

時間通りにいくことが、難しいと思っている方もたくさんいます。

 

私が一番メリットだと思うことは、人間関係のストレスが少ないということ。

 

あまり人とコミュニケーションができなくなると、心配する方も多いでしょうね。

 

しかし、在宅勤務の方はスポーツクラブに参加したり趣味のイベントででかけることが多いです。

 

サラリーマンより、時間の自由がきくので平日も参加しやすいんですよ。

 

これから、どんどん増えてほしいと思っています。

お金を使わない習慣

今の世の中、お金有りきで動いているところが多く、都会に行けば行くほど、その傾向が強い気がします。

 

 

 

確かに、地方に住んでいるとお金を出さなくても、作りだせるものは多く、物々交換などをすればお金を使う必要がありません。

 

 

 

私はできるだけお金を使わない生活を目指したことがあります。

 

きっかけは収入が減った時に、お金に依存しない意識改革をしようと思いました。

 

 

 

それまでの私は何でもお金がかかり、お金が必要だと感じていました。

 

また、お金を使うことが癖になっていたこともありました。お金借りたいといつも誘惑に駆られました。

 

 

 

そのようないつもお金を使う生活から、お金を使わない生活に変えようと思いました。

 

いつも安定した十分な収入を得られるとは限りません。

 

 

 

また、収入が減っても蓄えがあれば生活できるかもしれませんが、それもいつまで持つかはわかりません。

 

ならば、最初からお金がかからない生活を実践していったほうが良いと思いました。

 

 

 

お金があっても無くても、お金に依存しない、頼らない生活していくことで、お金に振り回されない生き方ができると思います。

 

 

 

お金を使わない習慣が身に付くと、何かが不足してもすぐに買おうとは思わなくなります。

 

今あるもので何とか代用できないかと考えてしまいます。

 

 

 

また、実は無くても不自由しない物を買っている場合もあります。

 

お金を使わない習慣を身につけることで、生活の無駄を見つけることができます。

 

 

 

それはお金以外のことに関しても、無駄をなくす良いきっかけとなりました。

 

今後もお金を使わない習慣を続けていこうと思っています。